美人になるために|眉下切開でパッチリした瞳に

細く美しい足にするために

足に注射

セルライトの除去

足は、セルライトがつきやすいため、ダイエットをしても簡単には細くなりません。なぜならセルライトは、脂肪と老廃物とが混ざり合うことでできているからです。つまりダイエットで脂肪燃焼を促しても、混ざっている老廃物によって、脂肪がスムーズに燃焼されないわけです。ところが美容整形外科でなら、手軽に足痩せ効果を得ることができます。なぜなら美容整形外科では、セルライト自体を除去する施術がおこなわれているからです。具体的には、セルライトを管で吸い出すという脂肪吸引や、セルライトを溶かして液状にすることで押し流すという脂肪溶解注射です。脂肪吸引の場合は、施術によるむくみがなくなる約1ヶ月後に、足痩せ効果が出てきます。脂肪溶解注射の場合も、足痩せ効果は液状になったセルライトが体外に排出される約1ヶ月後に出てくることになります。

筋肉の盛り上がり

足の太さは、セルライトだけでなく、筋肉が原因となっていることもあります。特に上半身だけでなくお尻や太ももなど、大きく重い部位を支える膝下には、多くの筋肉がつきます。筋肉は通常はなめらかなカーブを描いているのですが、力を入れると収縮し、部分的に大きく盛り上がります。筋肉が多くついていると、その盛り上がりによって、足が太く見えるようになってしまうわけです。しかし美容整形外科では、この筋肉による盛り上がりも解消することができます。とはいえ筋肉は体に必要なものなので、脂肪のように除去するわけにはいきません。そのため美容整形外科では、筋肉の過剰な収縮を防ぐ効果のある、ボトックス注射がおこなわれています。これにより、筋肉が大きく盛り上がることがなくなれば、高い足痩せ効果が出てくるのです。